加齢による悩みの原因が解消されないときは

若いときは気にならなかったのに、年齢とともに悩みは増えますよね。

大人肌で多い悩みは

・ほうれい線
・たるみ
・シミ
・そばかす

コンシーラやファンデーションで隠そうとしてもなかなか隠れない。

隠したつもりでも、笑うとそこにお粉がたまって余計に目立ってしまう。

これらは不健康に見られたり、老けて見えてしまうことも。

また、「隠す」ことよりも「ケア」が大切と言っても、原因をきちんと知らないと改善することはできません。

 

ビオテラスcセラムは頬や目元をピーンとして、フェイスラインはキュッ。

二重アゴもスッキリ解消。

こんなほうれい線やたるみ改善のほかにも、乾燥による小じわを目立たなくする効能評価試験済み。

・増やさない
・濃くしない
・広げない

と、美白にもアプローチしてくれます。

こんだけ幅広い効果があるのに、低刺激処方。

・香料
・合成着色料
・鉱物油
・エタノール
・パラベン
・紫外線吸収剤

と6つの無添加。

・パッチテスト
・アレルギーテスト
・スティギングテスト

と、3つのテスト済み。

年齢による悩みをビオテラスcセラムはひとつだけじゃなく、多方面からケアしていきます。

いくつも悩みがあるとスキンケア選びに悩みますが、これなら安心ですね!

 

メイクで隠そうとするとどうしてしわは目立つのか

しわをメイクで隠そうとすると、余計にしわが目立ってしまうことってありませんか?

パウダーやリキッドが入り込んで、余計にしわが深く見えるとか、光でごまかそうとしてもなかなか消えない。

よくコンシーラや下地など、年齢肌にありがちなメイクは「光で飛ばす」というもの。

でも実際やってみると、角度によっては全然目立ってしまうことがありますが、これはメイクをするときに正面からしか見ていないだけです。

斜め45度で年齢がバレるといわれますが、正面だけではダメということ。

シワってへこんでいるので、影ができています。

なので、いくら光で飛ばしても影は消えません。

そう考えれば、まずは光や色でごまかすことよりも影を作らないようにすること!

すっぴんよりもメイクをしたほうが目立ってしまうのは、厚塗りになってしまっている可能性もあります。

薄塗りをしているつもりでも、下地にコンシーラーにファンデーションとしていくうちに、どんどん厚塗りになっていることも。

また、化粧崩れや乾燥も要注意です。

しわは隠すのではなく、目立たなくすることで素肌感があって、見た目も若々しくなります。

今ごまかそうと頑張っているなら、メイクでなくシワの根本を見直しましょう。